日本庭園には役木がおすすめ

日本庭園を造りたいなら役木がおすすめです。役木の中でも特におすすめの木の種類をご紹介します。

役木で日本庭園の雰囲気を醸し出そう

日本庭園におすすめの木を教えてください。
日本庭園に欠かせないアイテムは役木ですが、その中でおすすめの木となると「灯障りの木」ですね。この木は枝葉が石灯籠の火口を覆うように植えることから「灯障りの木」と呼ばれています。主にモミジやカエデなどの落葉樹を使用し、秋には趣のある庭を演出してくれますよ。

剪定も庭造りの一環として必要

木を植えたあとはちゃんと剪定もしてあげてください。そうすることで美しい日本庭園を維持することができます。

庭木の伐採業者が剪定をしてくれる

剪定

庭に記念樹を植えるという人は珍しくありません。木は植え終わりではありません。木の生命力は凄まじく、放置しておくとどんどん生長します。そしていずれは太陽の光を遮ってしまったり、家の美観性を損ねてしまったりと、様々な影響が出てきます。そうならないようにするためには、業者に庭木の剪定をしてもらうと良いでしょう。伐採業者は伐採だけでなく庭木の剪定も行なってくれます。伐採業者に定期的に剪定をしてもらうことで綺麗な景観を維持することができます。「剪定くらいなら自分でできるよ」と思うかもしれませんが、業者は剪定の知識も技術も持ち合わせているので、綺麗に仕上げてくれますし、切った枝の処分もしてくれます。自分で剪定をした場合、枝を全て50cm以内に切らなければならないのでかなり面倒です。伐採業者に頼めばそんな手間をかける必要もないので楽ですよ。

TOPボタン